2008年10月11日 (土)

[FF11] 忍ソロチャレンジ-テメナス西塔-輝金糸取得の巻

前々回のエントリのもづき。
青AF胴メガスジュバの打ち直し素材「輝金糸」取得の旅、忍ソロによるテメナス西塔の攻略ですよ!

チャレンジ初回は虎2匹を倒し、3匹目でタイムアップ、素材箱無しでした。
30分の限られた時間で素材箱を取得するチャンスを増やすためにも、虎一匹につき10分以下で倒すことが必要です。
反省点は一つ、調子こいて白虎佩楯なんぞ履いていたこと。
虎パンツを取れた嬉しさから、回避が重要視されるソロでも使ってしまいました。
回避率がキャップしている状態から少しずつヘイスト装備へ切り替えていくのが忍ソロの基本。
まだまだキャップにはほど遠い状況なだけに、ココは回避ブースト装備へ修正します。

いざチャレンジ2回目、回避装備で行きますよ!
初回は虎一匹倒すのに10分強かかっていましたが、8分強まで短縮。
如何に空蝉の術:壱を使用する回数を減らすことが出来るかが、忍ソロでの殲滅力に繋がるかわかりますね。
このペースなら30分制限のうちに、3匹倒す事が出来ます。
が、2匹目を釣る際に虎2匹がリンクorz
仕方なく安全地帯まで引っ張って、微塵隠れで立て直し・・・
衰弱待ちをして、2匹目を倒した所でタイムアップ、またも素材箱無しです。

このままじゃ引き下がれない、チャレンジ3回目!
順調に一匹目を倒し、二匹目も倒したところ・・・
Ffxicap20081010035434
素材箱キタワ━━(n‘∀‘)η━━!

すかさず箱開け、一気に流れるログ!
Ffxicap20081010035451
輝金糸キタワ━━(n‘∀‘)η━━!
この勢いのまま3匹目も倒し、30分制限での自己ノルマ達成できました。

しかし、数ある素材の中から青素材を引き当てた幸運に感謝です(´∀`)
これでアポリオンで取得済みのファイアクロスと、競売特価3000ギルのワモーラクロス、倉庫に余りに余っている古銭30枚とあわせて、2008年10月現在青魔法使用時の最終装備MGジュバ+1への引き替え権利取得!
今から日曜の日付またぎが楽しみです。


しかし、サポ踊パワー、忍ソロと相性いいですね。
蝉3-4枚の状況を確保しない限りWSを撃たないのが髭忍ソロの鉄則なので、TPは常にあまりがち。
この余剰TPがヒーリングワルツ、ケアルワルツに使えるので、薬品類もほぼ必要なしになるのがサポシとの違いになります。
ケアルワルツのお陰で、ある程度の被弾は許容可能になるため精神的余裕も生まれますしね。
上げといて良かったサポ踊り子Lv37。
ソロ指向の強い方には、是非お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

[FF11] 輝金糸を目指して 忍ソロチャレンジ-テメナス西塔

日記には書いてませんが、VersionUp後のリンバス活動で青魔道士の打ち直し素材アポリオン編ファイアクロスを入手済みな髭。
そしてLSでは暫くテメナス方面には行かない予定となっております。

コレは、テメナスの打ち直し素材輝金糸はソロで取りにいけという事ですね!

というわけでさっそく行ってきました、テメナスへ。
Wikiにある青魔道士の打ち直し素材ドロップ報告をみると、ソロで行けそうなのはテメナス西1Fと、テメナス北2Fの2箇所。
ただ北の2Fで素材を取るためには、リンクする3体の巨人を相手にしなければいけないので、コチラは却下。
西1Fのランダムドロップにかけますよ!

アポリオンSEなどでそこそこソロリンバスには慣れているつもりの髭忍。
Ffxicap20080926002014
忍サポ踊+回避装備でじっくりじっくり削ります。
あまりにもじっくり削りすぎて、一匹倒すのに10分ちょいかかってしまいました。
素の回避が50%ほどしかないため、蝉壱も多用しなきゃならんと、どうにも悪循環です。

そして2匹目を倒したところで、丁度出る残り10分のログ。
ここまで箱のドロップ無し。
こりゃ3匹目は強引に押していくかと、ヘイスト装備で挑んだところ・・・被弾しまくり!
回避が25%まで落ち込んでいたので、まぁ当然といえば当然ですね・・・
サポ踊のワルツで何とか維持はできますが、結局時間切れ排出となってしまいました。

う~~~ん・・・
一応2匹は倒しているので素材箱が出るチャンスはありますが、複数ある素材から青素材をひかなければ意味がないのよね。
それを2回のチャンスで素材箱を引き当た上で実現しなければ行けないので、これは相当見込みが薄そうです。
慣れてくれば3匹倒せそうですが、これはちょっと分の悪いかけですね。

サポ踊のおかげで薬品類は使用しなくても間に合うこと、入場料が15000ギルと割安になった事もあるので、もうちょっと頑張ってみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

[FF11] Proto-Ultima 10戦目

ちょこっと日記復帰、リンバス定例活動です。
今日の相手は表題通りのProto-Ultimaさんで、とうとう二桁10戦目となりました。
髭は今回も青魔道士で参加、毒吐きまくりますよ!

編成は、
 ナ白赤忍
 ナ白赤狩狩
 青青黒召詩狩
とほぼ今まで通り。
召喚さんが2名から1名に減っているので火力が落ちていますが、ここは青2名が削りを頑張ります。

もう慣れた相手ということで、序盤からガッツンガッツン削っていきます。
Ffxicap20071105235139s
髭は毒吐きまくり。
ナイトさんが事故った時や、MP回復には、影縫いx3で時間稼ぎ。
途中のディシペーションも、今回は4回中2回止まっていました。
青魔道士で参加するようになって、髭はディシペーション止めが出来なくなっているので、ここは止めてくれる仲間に感謝です。

そして来るシタデルバスタータイム。
前回のProto-Ultima戦で密かにシタデル耐えを狙っていた青髭ですが、残念ながらチャンスがありませんでした。
今回こそは!と意気込んで居たところ・・・
Ffxicap20071106001418s
引寄せ&カウントダウンきたわー

 3!
 青髭のセイリーンコートが発動。
 →青髭は、魔法防御力アップの効果。
 2!!
 1!!!
 Proto-Ultimaは、シタデルバスターの構え。
 Proto-Ultimaは、シタデルバスターを実行。
 →青髭に、1568ダメージ。
 青髭は、Proto-Ultimaに倒された……。

HPがあと27足りなかったorz
セイリーンコートさえかけとけば、装備は適当でも何とかなると思っていた髭が甘かった・・・
今見返すと、色々突っ込み所ありますね。
最大の突っ込み所は、シェルが切れていること。
シェルIIでも入っていれば、耐えれたなぁ。
スキンも張ってなかったので、メタルボディでも耐えれたはず。
魔法防御装備も直前に買ったマーマンリング一つの4%カットのみと、こちらもまだまだ手直しをする事は可能。
次こそ耐えてやる!

今回の戦利品の中から、アルテマの触手ことナシラゲージを頂いちゃいました。
Ffxicap20071106012228s
ほぼ召喚さん専用装備で、召喚持ちな方が取得し終えたので、髭の所にも回ってきましたよ。

これで頭胴手と3種のナシラ装備が揃い、残るは下半身の二つ。
Ffxicap20071106012535s
上半身ナシラ、下半身イギトを着てみた。
うーん、やっぱり♂だとびみょん。

#おまけ
20071106093457
べつやくメソッドクリエーターの間違った使い方、その3。
青髭がログを拾える範囲の値なので、青's領域が大きくでちゃいます。
青2名、狩3名、召1名です。
とうとう黒の領域が視認できなく・・・


所 テメナスC4F
日時 2007/11/06
参加 15名
構成 ナ白赤忍
    ナ白赤狩狩
    青青黒召詩狩
戦果 獣人古銭x4
    アルテマの脳
    アルテマの触手

今日の戦果
・アルテマの触手
・古銭無し
・プリケツ1回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

[FF11] リベンジ アポリオンSW

リンバス定例日。
早くもこの日が来ました。
アポリオンSWに忍青赤黒の4名で挑み、2Fで全滅の憂き目にあったのは先週
今週もアポリオン回りと言うことで、SWへのリベンジ決定ですよ!

前回のヘタレ日記にコメントをくれたりふぃーさん曰く。

>SWは最低黒2赤1を連れて行くと楽です。
>枯れ木の範囲WSは結構痛いので、黒さんと赤さんだけに任せると楽に攻略できましたよー。

与TPでは最高のダメージ効率を誇る寝かせ精霊戦法。
忍青で殴りまくり(主に青髭が)TPを与え、枯れ木のリーフストームを誘発したのが敗因なのは間違いないです。
主犯は髭orz

反省すべきは反省し、今回に活かしますよ!
今回も4名で攻略しようと思ったのですが、人数に余裕があったのでSWは5名で回ることになりました。
選んだジョブ構成は黒黒黒赤詩と、いわゆる黒PTです。
やるからには極端に走る、それが髭。
もちろん黒髭での出撃です。

1F、5人全員が寝かせ要員なので強気に釣ってトリガー2匹撃破。
素材箱ぱかぁ。

運命の2Fは雑魚木に目もくれず、ボスの枯れ木と対戦です。
リンバスLSで黒PTを組むと、グラかまして各々が最高威力の精霊をぶち込み続ける脳筋スタイルが普通なのです。
が、前回の反省からここは丁寧に時間を合わせての精霊一斉射撃>寝かせ戦法を採用。
ノーダメージ撃破ですよ。
・・・前回もこうしていればorz
雑魚木はスルーして箱を放棄、渦ワープへ向かいます。

3F、ミミックゾーン。
今回はヘッドが神がかっている青魔道士が居ないため、脳筋精霊スタイル復活。
引寄せられようが、殴られようが、ブリスト剥がされようが精霊を叩込み、強引にねじ伏せていきます。
詩人さんのララバイでミミックが寝ることに気づいたのが今回の最大の収穫(´∀`)
4箱開けた段階で、延長素材をゲットと順調でした。

4F、エレゾーン。
20分近く余っていたので、余裕のクリアとなりました。

うし、リベンジ成功ヽ(`Д´)ノ


実はこのアポリオンSW、以前よく黒PTで攻略していました。
同じエリアにNWがあり、NW用に黒PTを組んだものの占有されていて入れない→しゃあないからSWいくか。
という感じで。
今思うと、アレはベストに近い構成だったのね。
少人数でギリギリの闘いを挑むときほど、与TPに慎重になる必用あると学んだリンバス活動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

[FF11] アポリオンSW 驕りとその結果

リンバス定例日。

相変わらずアポリオンは大盛況。
テメナス比3倍の冒険者で溢れかえり、今回もまた突入待ちとなってしまいました。
プロマシアミッションBC緩和や、青魔道士用にホマム装束を狙う人が増えたのが原因なのかな。
アサルトのようなインスタンス形式にならないものかなぁ。

さてさて本番アポリオン攻略、今回はSWに4名、NEに9名の布陣で臨みます。
髭はSW組で、構成は忍青赤黒。

今までは6人ほどの人数で挑んでいたSWですが、前回NEが6名で失敗していたことからNEに多めの人数を配置。
SWは必要最小限の人数で突撃しようと、髭が提案した次第。
そして言い出しっぺの髭がSW組に入ります。

アポリオンSWは3人での攻略が確立されているエリア。
最低限のトリガー撃破と、青魔道士によるミミック完封が鍵です。
Proto-Ultima戦を除くと、一般エリアでは初の青髭での参加というわけで腕が鳴りますよ。

今までほとんど少人数攻略で失敗したことがないだけに、今回も余裕とふんでいた髭。
保険に+1の4名で突撃したわけですが・・・2Fトレントエリアで全滅終了orz
全員デジョンIVで帰還と、最悪の結果となりました。
一緒に連れ回したPTメンには申し訳なく・・・正直すまんかった。

1Fは綺麗に侍フォモル2匹を狙い撃ちし、素材箱をゲット。
そして運命の2F。
2F入ってすぐ枯れ木のトレントを発見、渦トリガーのボスさんです。
範囲攻撃のまつぼっくり爆弾だけに注意を促し、開戦します。

やたらゼロダメージがでたり、ディセバーメントがミスしたりする強敵。
なかなか削るスピードが上がりませんが、安定はしていました。
そう、アレが来るまでは。

 Jidraは、リーフストームの構え。
 青髭は、ヘイストの効果がきれた。
 青髭は、分身の効果がきれた。
 青髭は、プロテスの効果がきれた。
 青髭は、シェルの効果がきれた。
 青髭は、リフレシュの効果がきれた。
 青髭は、リレイズの効果がきれた。
 青髭は、食事の効果がきれた。
 青髭は、ファランクスの効果がきれた。
 Jidraは、リーフストームを実行。
 →樽黒の魔法効果を6個消し去った。
 Jidraは、リーフストームを実行。
 →首忍の魔法効果を7個消し去った。
 Jidraは、リーフストームを実行。
 →青髭の魔法効果を8個消し去った。

リレイズ・食事を含む全ての強化を剥がされた後、黒>赤と沈みこの段階でレイズ使い全滅。
青、忍者も各個撃破され、終了と相成りました。

長らくリンバス活動を続けていますが、今の今までSWのボストレントのリーフストームに強化全剥がしの効果があったなんて知りませんでした。
まつぼっくり爆弾がやたら痛いという記憶しか無かったのよね。
しかしwikiには、しっかりと、ばっちりと記載されています。
ちゃんと情報収集しなかった報いが、今ここに。。。

リスクのある闘いを強いたくせに、しっかり情報をゲットしていなかった髭。
その驕りに、高い代償を払うことになった苦いリンバス活動でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

[FF11] Proto-Ultima 9戦目

リンバス定例日、今日は久方ぶりのProto-Ultimaさんとの対戦です。
前回が7月なので、実に3ヶ月ぶり。
オメガ、アルテマさんは出来る限り人数が揃ったときに行うことにしているので、ここ最近ちょっとご無沙汰でした。

今回は15名参加で、人数的には問題なし。
ただジョブが少し変更になっています。

PT構成は、
 ナ忍狩赤白青
 狩狩召
 詩赤白黒青召

いつもメイン盾を張っていてくれているナイトさんがお休みなので、盾がナイト2枚から、ナイト・忍者に。
そしてねこさんが3枚目の盾として、赤盾の準備をします。

後は髭が黒魔道士から、青魔道士へジョブチェンジ。
とうとう青髭、アルテマ戦デビューです。
これが青魔道士を上げた理由のひとつになっているだけに、気合が入ります。

今まで何度も戦っている相手なので、作戦に基本的に変更はなし。
いざ突撃ヽ(`Д´)ノ


青髭の動きは、完全にブレス仕様。
HPを1500オーバーまでがっつりブーストし、ポイズンブレスを吐きまくり。
MPをみて合間にフロストブレス、BCキャノンボールなども混ぜてみました。

狩3枚、召2枚、青2枚の削りに、黒1名のスリップ魔法で、今までに無いスピードで削れていくアルテマのHP。
早く削りすぎて一発目のディシペーションのタイミングを見逃してしまい、みんなでテラー。
硬直状態のまま、ナイトさんが逝っちゃいましたorz
忍者さんもワイヤーカッターで即死していたので、一気にピンチになります。
ここは狩3名による影縫いまわしと、赤盾のがんばりで建て直しに成功。
再度削りモードに入ります。

そして順調に削り続け、シタデルモード突入。
Ffxicap20071008234600s
ナイトさんがことごとくシタデルを耐え続け、無事Proto-Ultimaに削り勝ちました!
終盤、アーマーバスターを複数で貰うことが多く死人が出てしまったのが反省点かな。


さて、青髭個人の動きですが・・・ユニクロ装備の青でも相当削れますね。
黒だとPTにいろいろ条件を整えてもらわないと出せないダメージを、さっくり超えていました。
フルメリポ装備充実なもう一人の先輩青さんには遠く及びませんが、これはまだまだ伸び白があるということ。

今回の髭の動きだと特にポイズンブレス連射が効いているので、ここを伸ばすとよさげかな。
改善策は、
・3段階な青魔法スキルメリポ拡充
・HPブースト装備拡充
・ウォータスタッフをHQなネプチューンに
あたりでしょうか。
下二つはギルで片付くので、金策が必要。
上ひとつは・・・地道にメリポ稼ぐか(´д`;)


#おまけ
20071009020817
べつやくメソッドクリエーターの間違った使い方、その2。
青髭がログを拾える範囲の値なので、青's領域が大きくでちゃいます。
青2名、狩3名、召2名です。
黒1名だとダメージの出ないスリップだけになってしまうので、どうしてもグラフからは少なくなってしまいますね。

所 テメナスC4F
日時 2007/10/08
参加 15名
構成 ナ赤白青忍狩
    狩狩召
    召黒詩赤白青
戦果 獣人古銭x4
    アルテマの脚
    アルテマの手

今日の戦果
・古銭無し
・プリケツなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

[FF11] リンバス同時攻略 アポリオンSW&NE

中尉アサルトやパンクラティオンなどにおされ、すっかり忘れていたリンバス記事。
まずは近場からフォローしていきますよ。

Proto-Ultimaのトリガーが2セット揃ってしまったので、今度は暫くProto-Omegaのトリガー集め。
アポリオン参りの開始です。

が、アポリオン混み混み(´д`;)
テメナスならほぼ毎回行きたい箇所へ入ることができるのですが、アポリオンだと占有済みで入れないことが多いです。
他のLSに比べちと始動が遅いので、この問題は常について回りますね。
空き待ちをして、なんとか2箇所同時攻略開始です。

今回は13名集まったため、SW、NEに挑みます。
NEは突入人数が6名以下だと敵の数が減るらしい、という情報を受けバランスPT6名で編成。
残りのメンツ7名がSW組です。
髭は忍者でSW組の盾役として参加。

うし、突撃ヽ(`Д´)ノ

1F、無理にフォモルを釣り4匹リンク、髭忍フルボッコで速攻沈みますorz
そんな髭忍の情けない姿を余所に、トリガーのヒュム侍フォモル2匹を問題なく撃破し延長箱を確保、2Fへ進みます。
これ、盾いらないんじゃ(´д`;)

髭忍衰弱のまま2Fも戦闘開始。
モ盾状態でも問題なく進行、ガシガシ殲滅し素材箱を確保、3Fへ。

3Fミミックゾーンは、青魔道士さんの独壇場。
デストラップをヘッドで止めまくりです。
編成時に無理言って、青さんをSW組に引き入れたのは正解でした(´∀`)
ヘッドのリキャストが間に合わない場面もあったので、3Fに限りヘイストを青さんに配るのも選択肢としてありだと思います。
ここで延長箱、素材箱、回復箱全てをゲット、4Fへ。

4Fエレゾーンは、突入時の曜日エレをさっくり倒しクリア箱ポップ。
この段階で15分残しだったので、1Fは素材箱を選択するのが正解のようです。
こんな感じでSW組は髭が沈んだ以外事故もなく、あっさりとクリア出来ました。

もう一方のNE組。
こちらが苦戦、トリガー運も悪く攻略に失敗してしまいました。
今までが順調にいきすぎていた感じもあるので、たまには失敗もありますよね。


来週は大人気のNWのチップを狙うことになるのかな。
入れるかなぁ。

場所 アポリオンSW
日時 2007/10/01
参加 7名
構成 忍モ青黒白赤
    シ

場所 アポリオンNE
参加 6名
構成 ナ戦モコ赤黒

戦果 古銭52枚
    チャコールチップ
    カーディナルクロス
    アルジェロリベット
    チャコールコットン
    フェディドラノリン
    ベネディクトヤーン
    ライトフィラメントx2
    ミニクロット

今日の戦果
・古銭4枚
・プリケツ1回

#おまけ
久しぶりのニコニコ

懐かしのぽこたんネタを見て、つい嬉しくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

[FF11] リンバス同時攻略 テメナス中央塔3F&東塔

中尉アサルトとか、アトルガンミッションとか、書きたいネタは一杯あるのですが、マンネリ気味の定例リンバスネタを投下。
ある程度定型化されてるから、時間もかからず書きやすいというのが理由だったり。
平日はコレで堪忍してー

というわけで、パッチ後初の定例リンバス活動日。
今日は13名集まりましたよ。
いつも通り2箇所同時攻略を仕掛けます。

本命はテメナス中央塔3Fで、こちらに8名。
残りの5名で、テメナス東塔に挑みます。
髭は久方ぶりの中央塔組ですよ。

中央塔3Fへ挑んだ編成は、
 戦戦コ赤白黒
 忍シ
で、髭は忍者での参戦です。

いざ突撃ヽ(`Д´)ノ

2007/08/28パッチ後というわけで、注目されるのは両手斧戦士と、ファントムロールが激しく強化されたコルセア。
カオス・ファイターズロール 状態の戦士2人が放つWSは、軽く4桁ダメージを出していきます。
これにエボカー・ウィザーズロール状態の黒赤が放つ精霊魔法で、殲滅速度は更に加速。
あっという間に、雑魚獣人の殲滅が完了しました。

そしてボスNM3体と戦闘開始。
戦士さん一人が鉱石投げ1500ダメージで即死するというアクシデントはありましたが、アストラルフロウも耐えきり思いの外あっさりとクリア出来ました。
Ffxicap20070903231930s
終わってみれば10分残しだったので、7人、6人での攻略も夢では無いですね。

東塔組も ナ詩赤黒黒 の5名で、見事にクリア。
チップを回収してきました。
最近は良い感じにチップが集まっていて、ちょっと嬉しい(´∀`)

#追記
毎日愛読しているTikritさんのJPonlyが、丁度同じ3F攻略でした。
こちらは7人で15分残しでのクリアと、更に少ない戦力で短時間に攻略していますよ。
ボスを倒す順番が、
 髭 オーク→亀→ヤグ
 Tikritさん ヤグ→オーク→亀
と異なるあたりにコツがある?!

場所 テメナスC3F
日時 2007/09/03
参加 8名
構成 戦戦コ赤白黒
    忍シ
    
場所 テメナス東
日時 2007/09/03
参加 5名
構成 ナ詩赤黒黒

戦果 古銭71枚
    シルバーチップ
    スカーレットチップ
    カメレオンヤーン
    スマルトレザー
    真田紐
    緋絹糸

今日の戦果
・古銭6枚

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

[FF11] Proto-Omega 12巡目

パッチ前日の定例リンバス活動は、12度目となるProto-Omegaさんとの闘いでした。
14名の参加者が集まり、

 ナ赤白黒黒詩
 ナ赤白忍青黒
 狩狩

な布陣で挑みます。
髭はもちろん、黒での参加。

強敵を相手にするときは、ナ赤白を1セットにPTを編成することが多いですね。
状態異常攻撃がウザイほど激しいので、盾専任に白さんを確保しているイメージでしょうか。

Ffxicap20070827230431s
泉で追い込んでいる黒'sのSS

ちと初期配置が悪く範囲攻撃を後衛が喰らったりもしましたが、それでも問題なく勝てるProto-Omegaさん。
ポッド処理をしっかり行える今のメンツなら、何も不安要素はありませんね。
むしろポッドのドロップの方が気になりますよ!



オックスブラット
ダーク板
ベネディクトヤーン
1個くらい、チップ落として(´・ω・`)

場所 アポリオンCN
日時 2007/08/27
参加 14名
構成 ナ赤白黒黒詩
    ナ赤白忍青黒
    狩狩
戦果 古銭5
    オメガの目
    オメガの前肢
    オックスブラット
    ダーク板
    ベネディクトヤーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

[FF11] アポリオンSE忍ソロ4,5戦目

ひっそり通い始めたアポリオンSE忍ソロ。
3回目のチャレンジで蟹ゾーン突入に成功するも、短剣を忘れた髭は微塵隠れで終了のコンボでした。
しかしながら、蟹ゾーンの延長箱も狙えるのでは?!との感触を得た髭。
またチャレンジすることを誓い、クリーナー待ちの日々を過ごします。

そして挑む4回目。
今度は忘れずに短剣を持ってきましたよ!



スライム相手にプリケツ晒しorz
立て直して進むも、蟹ゾーンに突入したところで時間切れと不甲斐ない結果に終わります。

このままでは終われない!
リンバス定例開催の隙間を狙い、再度チャレンジです。

5度目のチャレンジとなる今回は、3回目と同じく7分の時間を残して蟹ゾーンに突入しました。
今回はしっかりとミセリコルデ二刀流の準備はOK。
Ffxicap20070824021040s
蟹相手にガチンコ勝負です!



蟹さん、固すぎですorz
もともと固いくせに、さらに遠慮無くシザーガードを重ねてきます。
全然火力が足りず、7分かけて一匹倒すのが精一杯でした。
うーん・・・これは根本的に改善せないけない点が一杯ありそうですよ。

出来る対策は二つ。
1.蟹相手の火力を上げる
 ミセリコルデと、競売から安価で入手できるものに頼った今回。
 これをブラオ+ハート様辺りに切り替えることで、短剣時の火力を大幅に上げる。
 しかし・・・このSEのためだけに数百万するブラオを買うのは、ちょっと気が引けます(´・ω・`)

2.スライムの殲滅時間を縮める
 40分かかっているスライムの殲滅を、より早める。
 髭忍というか髭が操るジョブは、着替えマクロは一つに収めています。
 そのため、耳指装備辺りは着替えでよりパフォーマンスを出せる余地があります。
 この辺りの最適化で、スライムの殲滅時間を稼ぐ作戦。
 こちらは・・・髭の中の人の反応速度が追いつかない可能性が。
 アクション性を要求されると、ダメな人なんです(´・ω・`)

これはちとブレイクスルーがないと、難しそうな感じかなぁ。
さて、どうするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧